子育て

七五三のお祝い3歳の男の子はやるべき?地域によって違う!?

投稿日:

x

子どもの健やかな成長を祝う七五三。

 

そもそも、七五三って何?

何をしてお祝すればいいの?

 

お子様が初めて七五三を迎える場合、

疑問がたくさん出て来ますよね。

 

そこで、今回は七五三の内容について

色々とご説明します!

 

七五三の意味と由来は?男の子は3歳でやるべき?

七五三の由来

まず、七五三の由来を見てみましょう。

 

起源は平安時代と言われています。

昔は子どもが生まれても、医療が発達していないせいもあり、

病気で亡くなってしまうことが多かったそうです。

そのせいか、

7歳までは「神の子」と言われていたそうです。

 

元気に成長する事が、いかに難しい時代だったのかが

よくわかりますね。

 

3歳から7歳までは、特に病気になりがちな年齢である

と、考えられていたため、

「子どもが元気に成長しますように」と、

お祈りするための儀式が、七五三の始まりです。

 

現代でも「奇数は縁起が良い」と、言われているように、

三歳、五歳、七歳でお祝いをするのが習わしです。

 

三歳では「髪置(かみおき)」と言い、男女共に髪を伸ばし始めます。

五歳では「袴着(はかまぎ)」と言い、男の子が初めて袴をはきます。

七歳では「帯解(おびとき)」と言い、女の子が初めて帯を締める着物に変えます。

 

11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、

徳川家光が自身の子どもの健康をお祈りした日だという事が

関係しているようです。

 

男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳でお祝いをします。

三歳は男女共通だという事になりますね。

 

本来であれば、

数え年で祝うものですが、

近年では数え年の年齢ではなく、

満年齢で行うご家庭も多いようです。

 

男の子は3歳でやるべきか?

一般的に男の子は5歳に七五三をやるのがメインとされています。

そして、

3歳ということでまだ、小さくて落ち着きもなく、お参りや写真を撮ったり大変です。

今年は、やらなくても良いかなと思うでしょうが、

 

ですが地域によってもかなり異なり、両親に相談せずにやらなかったら、

反感を買うこともあります。

 

近所や実家の習慣に合わせてやるというのがいいです。

写真撮影だけやるのとかでも良いですよ。

 

地方によって違う七五三の慣習!

 

昔から続いている儀式とはいえ、

日本全国規模でみると、それぞれの地方では

祝い方も違っているようです。

 

例えば、

関東地方では3歳のお祝は女の子だけ、というのが一般的ですが、

関西地方では、男女共に3歳のお祝いをするのが一般的。

東北地方では、11月が寒い時期なので、10月にお祝いを行う家庭もあります。

また、北海道では

3歳は男女共に、時期は10月頃から。早ければ9月にお祝を行う家庭もあります。

 

参拝の仕方にも違いがあり、

祈祷をするのが一般的な地方もありますし、

その逆で、祈祷はせずに千歳飴を買って帰る、という風習の地方もあります。

 

このように、地方によって

様々なお祝いの仕方があるようです

 

 

一番確実なのは、実親や親戚に聞くこと!

地方によって違いがあると、どのようにお祝いしたら良いのか、

正直迷いますよね。

 

一番手っ取り早いのは、実親や親戚に聞く事です。

 

自分がどのようにしてお祝いしてもらったのか、

どのようにして、神社へ参拝したのか、

覚えている範囲でも良いので、聞いてみましょう。

 

当時の思い出話に花が咲く事もありますね☆

 

ちなみに私の人生最古の記憶は、三歳の七五三での神社参拝なのですが、

我が家の長男は、三歳の七五三は記憶には残っていないそうです。

 

実親に聞いても答えが出ない場合は、

参拝しようと思っている神社へ問い合わせるのも良いでしょう。

 

3歳で行く子必見!お参りで気をつける事

特に3歳のお子様の神社参拝では、足袋と草履を履いての歩行が

とても困難です。

何度履きなおしても、すぐ脱げてしまう場合も考えられますので、

履きなれたサンダルを一足予備として用意しておくと、良いでしょう。

 

 

七五三は子どもにとっても、親にとっても一つの節目であり、

大事なイベントの一つです。

 

 

まとめ

 

最近では、フォトスタジオで撮影をする家庭も増えていますね。

フォトスタジオで撮影すると、参拝用の衣装を無料レンタルしてくれたり、

千歳飴をプレゼントしてくれたり、嬉しいキャンペーンを

実施している場合もありますので、

お子様の思い出の一つとして利用してみるのも良いかも知れませんね。

 

 

七五三は子どもにとっても、親にとっても一つの節目であり、

大事なイベントの一つです。

 

七五三の由来や意味を理解して、素敵な七五三をお迎えください☆

 

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

-子育て
-,

Copyright© LifeStyleナビ , 2019 All Rights Reserved.