季節の行事

地域によって異なる、2019年の鏡開きはいつ?しめ飾りはいつまで飾っておくべきか

投稿日:

 

x

日本には、

 

鏡餅を飾って新年を祝う。 という風習があります。

 

 

  • そもそも鏡餅って何?どんな意味があるの?
  • 鏡開きって何?

 

色々な疑問がありますね。

 

今回は、鏡開きの意味や由来、

2019年はいつ鏡開きをするのかを解説していきます。

 

地域別2019年の鏡開きの日はいつ?

 

「松の内」という言葉をご存知でしょうか?

 

松の内とは、正月飾りの一つである、

松飾り(門松)を飾っておく期間の事を言います。

鏡開きの日は、この松の内が大きく関わってきます。

 

そして、関東地方と関西地方では、鏡開きの日が違います。

 

関東では?

松の内を1月7日までとする関東地方では1月11日。

 

関西では?

松の内を1月15日までとする関西地方では1月15日または1月20日。

 

 

 

松の内は元々、小正月である15日とされていました。

 

そして、歳神様をお迎えするためのお供えである鏡餅を下げ、

それを食べる儀式である

鏡開きを20日に行っていました。

 

ですが、徳川家光が4月20日に亡くなった事によって、

20日という日は縁起が悪いと言われ、

20日よりも前の11日に鏡開きを行う事にした、とされています。

 

このことで、関東地方では、松の内を7日と変更されたのです。

 

しめ飾りはいつから飾り始めていつまで飾っておくべき?

歳神様を迎える準備の一つとして、「しめ飾り」があります。

 

 

このしめ飾りですが、

「一度家へ入った歳神様が出ていかないように」

という意味があります。

 

神社のしめ縄のように

「自分の家が神様を迎えるのにふさわしい場所」

として示すためのものでもあります。

 

飾り始める時期

このしめ飾りはクリスマスが終わってから、28日くらいまでに飾るのがよいとされています。

 

29日(苦が待つ)や31日(一夜飾り)に飾るのは神様に失礼だ

という見方がありますので、注意したいですね。

 

飾り終わりの時期

 

これは、先にも書きましたように、

門松を飾っておく期間と同じで「松の内」に外すのが良いとされています。

 

関東地方と、関西地方では

外すタイミングも違う、という事になりますね。

 

鏡開きの由来とは?

 

お正月に歳神様へお供えする鏡餅を

「今年一年、無事に過ごせますように…」と願い、

松の内が過ぎてから、

お汁粉やお雑煮などにして食べる風習の事を「鏡開き」と言います。

 

お供えであるこの鏡餅。

なぜこのような形なのでしょう?

 

そもそも、「鏡」というのは

“神様が宿る”と考えられており、神事に使われていました。

 

三種の神器としても崇められていて、

その中の一つである八咫(やた)の鏡を形どった餅を

「鏡餅」と呼ぶことになりました。

 

 

因みに歳神様とは、

“お正月に家へやってきて、幸せをもたらす神様”の事です。

 

この歳神様をお迎えする儀式は

室町時代には存在していたとされています。

 

鏡餅は平安時代には存在していたとされていますが、

お正月に供えられるようになったのが室町時代以降だそうです。

 

鏡開きではこの鏡餅を切るのではなく、木槌などで

割るのが習わしです。

「切る」というのは「切腹」を連想させるために良くないとされ、

「割る」という表現も縁起が悪いとされ、

末広がりの意味を持つ「開く」という表現に変えて

「鏡開き」と言われるようになりました。

 

地方の鏡開きに関する変わった風習

 

北陸地方では白いお餅ではなく、

紅白のお餅を重ねる風習があります。

紅白のお餅とは、

お正月にピッタリで、とてもおめでたい風習ですね。

 

他にも、三段の鏡餅だったり、

お餅ではなく砂糖で作られていたり、

白蛇を形どったものがあったり、

その地域だけの鏡餅があるようです。

 

余談ですが

鏡餅を食べる「鏡開き」とは別に

清酒の樽を割る「鏡開き」があります。

 

これは、武士が出陣する時に、気持ちを鼓舞しようという

働きの元、仲間や部下たちにお酒を振る舞うために

酒樽を割ったことが始まりとされています。

 

現代ではお正月だけではなく、お祝などのおめでたい席でも

清酒を使った「鏡開き」が行われていますね。

 

 

まとめ

 

日本ならではの、この風習。

日本だからこそ出来るこの鏡開き。

 

正しい知識を身に付けて

この風習をいつまでも続けていきたいものですね。

 

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

-季節の行事
-, ,

Copyright© LifeStyleナビ , 2019 All Rights Reserved.