常識・マナー

私用のためじゃダメ!?失敗しない有給の理由と書き方

投稿日:

会社に勤め始めて6ヶ月間継続勤務をすれば、会社から「有給休暇」を取得することができますよね。

有給休暇は、正規雇用者「正社員」だけでなく非正規雇用者のパートタイマー、アルバイトの方も取得することができるので、「労働者の権利」だとして、どんどん取得をするようにと促す会社もあります。

しかし現状はまだ、有給休暇はなんとなく取りづらいというイメージが残っていますよね。

それに加えて、有給休暇を取得するときに、取得理由の記入欄があります。理由が曖昧だと何を書いたら良いのか分からない人も多いです。

 

そこで始めての有給申請で、どのように理由を書いたら良いのか、なぜ理由の記入欄があるのか、有給申請の仕方をご説明します!

有給休暇はいつでもとれるの?

有給休暇は、勤め始めて6ヶ月間継続勤務をすれば、原則自由に取得することができます。

しかもどんな理由で休んでも構わないのです。

 

しかし、同じ時期に有給申請が集まり、業務に支障をきたすといった場合、

会社側(使用者)には「時季変更権」をつかうことができます。(*休む期間、労働者が8割未満になるなど)

 

つまり使用者が有給休暇の時季を変更することができるということです。

それを防ぐには、前もって早い段階から有給申請を出しておくことや、“外せない用事”であるという理由を申請書に明記しておくと良いでしょう。

 

印象が良い有給申請の出し方・タイミング

有給申請は法律上、原則前日までに申請すればよいです。

しかし、申請する際の配慮として

 

予定が分かっているような、いわゆる「予定休」であれば、

早めに有給休暇の申請書を出して、お休みをいただく旨を周囲に伝えておくと、周りも慌てずに済むので良いでしょう。

 

最低でも休みを取る約1週間前には、申請書を出しておくのがベストです。

 

しかし、急に明日有給休暇が取りたい!という場合は

「少し急ですが、〇〇の為、お休みを頂きたいのですが・・・。」

と一言添えて謙虚な態度で申請を心がけるとよいです。

 

申請書の理由も「私用の為」ではなく、少し具体的に記載しましょう。

 

これで大丈夫!有給休暇の理由の書き方!

有給休暇の申請書の理由って悩みますよね。

 

どうしても調整できない用事

例えば結婚式に参加する、市役所に行かなければならない、免許証の更新などであれば、理由も書きやすいですし休みも取りやすいです。

 

しかし旅行やライブなど、「私用」に関することだと、特にシフト制だったり、人手が足りてないような会社では有給休暇が取りづらいという声もありますよね。

では、実際に有給休暇の申請書を提出する際は、どのように記入すれば良いのでしょうか?

 

「私用のため」じゃダメ!?有給申請の理由例

*私用があるので・・・

旅行や知り合いの結婚式、親族の行事など、「私用の為」という理由だけで大丈夫です。

 

どんな私用なのかと詳しく理由を書くように指摘された場合は、当たり障りのない程度で理由を書きましょう。

それ以上は、書く必要ありません。

 

このような初めから予定が分かっているような有給休暇は、なるべく早めに申請を出しておきましょう。

職場内でも印象が良いです。

 

また、病院に行きたいなど急に翌日有給休暇が欲しいといった場合は、

有給申請の理由欄に

  • “体調不良の為”
  • “病院に行きます”

と書けば問題ないでしょう。

 

有給休暇の本来の目的は、日頃の労働の疲れをとったり、リフレッシュするためにあるものです。

極端に言えば、申請理由は単に休みたいからという理由でも構わないのです。

しかし周囲への配慮として詳しく理由付けして、謙虚な態度で有給休暇を申請するほうが

周りからの印象も良くなるでしょう。

 

まとめ

有給休暇を実際に取る資格はあるのに、職場が忙しかったり、

シフト制で代わりがいないなど「なんとなく取りづらい」というイメージまだありますよね。

ですがズルズル有給休暇を取らずにいると有給休暇には「期限」があるのでどんどん消滅していってしまいます。

うまく有給休暇を消化していけるようにしましょう。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

-常識・マナー
-, ,

Copyright© LifeStyleナビ , 2020 All Rights Reserved.