子育て

子育て中、旦那にイライラしちゃうママ必見!!わがまま旦那との付き合い方

投稿日:

子育て真っ最中のお母さん、毎日お疲れ様です。

 

子育てって本当に大変ですよね。

思うように行かない、子どもも言う事を聞いてくれない…

 

ストレスが溜まりますよね。

 

そんなストレスを抱えながらも一生懸命子育てや家事を頑張っているお母さんに、追い打ちをかけるように更なるストレスを与えてくる旦那。

 

  • アレ取って、コレやって、メシまだ?風呂は?などなど次から次へと注文してくる旦那。
  • 休日前は決まって飲んで、遅くに帰ってくる旦那。
  • 休日は何をするでもなくダラダラして家族サービスとは無縁の旦那。
  • 楽しく子どもと遊んでいると思ったら、子ども相手にムキになる旦那。
  • たまに家族で外出すれば、子どもから簡単に目を離す旦那。
  • 子どもがオモチャをねだっても買ってやらないくせに、自分の欲しい物はいとも簡単に購入する旦那。

もう、挙げればキリがありませんよね。

 

今回はそんな旦那に対してストレスを抱えないように

わたしが実践した方法を発信していきます!

 

旦那は子どもだと理解する

まず、「旦那(男)は子ども」なんです。

 

全員がそうではありませんが、

「旦那という生き物は子どもより手がかかる」

のです!

 

わたしの旦那は子どもの心のまま体が大人になったような人なので、先に挙げたことがいくつも当てはまります。

 

結婚当時はそこまで…というより、全く気にならなかった事なのに、

子どもが生まれ、家族が増える毎に段々と気になりだして、今ではそれがストレスそのもの。

 

 

母としては子どもの事だけに専念したいのが本音ですよね。

旦那の世話は二の次。

 

それなのに、旦那という生き物は次から次へと

妻のイライラを増長させるような事をするし、言ってきますよね。

 

例えば子どもの様子を伺いながら夕飯の支度をしている最中に

「お腹空いた」と言ってきたり

ご飯の支度が整えば当たり前のように我先にと食べ始めたり。

 

普段仕事で帰宅が遅く、平日は朝しか子どもと接する機会が無いのに

朝から子どもが騒いでいるのを「うるさい」と言ってみたり。

 

その度に

 

「今作ってるでしょ!だったら早く作り終える為にも子どもの面倒見ててよ!」

や、

「子どもがまだ自分で食べれられないんだから、食べさせてやってよ!」

「うるさいのは元気な証拠でしょ!私からすればあなたの怒る声が邪魔で仕方ないわ」

 

などという心の叫びが出てきます。

 

そして、そんな心の叫びに旦那が気付かない事にもまたイライラします。

 

どうしてこうも人をイライラさせるのが上手なのか。

子ども相手にイライラするのとは訳が全く違ってきます。

 

子どもは、特に乳幼児は話が3割(…いやもしくはそれ以下)も伝わらないので

イライラしたとしても

「ま、言葉がまだ理解できないし、仕方ないか」

で済ませられます。

 

しかし、旦那となると話は別です。

 

言葉は100%に近い確率で通じています。

自分の事は自分で出来るいい大人です。

 

それなのに妻の想いは全く伝わりません。

 

だからこそ、そこで

「旦那は子ども以上に子どもなんだ」

という風に考えると少し気持ちが楽になりますよ。

 

なぜ想いは伝わらないのか

 

なぜでしょう?

  • どうすれば、この自己中心的な言動を直してくれるのか。
  • どうすれば、もっと子どもの事に目を向けてくれるのか。

 

少しだけ追い込まれそうになったわたしは

まず、家族ぐるみでお付き合いしているママ友さんに相談してみました。

 

そのママ友さんの答えはこうでした。

 

「男って、二つの事を同時に出来ないし、物事を察する能力が低いから、悩んでるなら旦那に直接言ってやった方がいいよ」

 

…なるほど。

そういう能力も影響してるから想いは伝わらないんです!

 

旦那にはっきり言ってみよう!

男は直接言わなきゃわからない。

 

早速正面切って旦那さんにに想いのすべてをぶちまけましょう!

 

わたしは、

  • どうして自分の事が最優先なのか?
  • どうして子どもの目線に立ってあげられないのか?
  • どうして言われないと子どもの世話が出来ないのか?

あくまで冷静に旦那に話しました。

 

旦那の反応はというと

「え?そんなの言ってもらわないと分かる訳ないじゃん」

という、すっとんきょな答えでした。

 

もう、その返答にも内心イライラしたのですが、

わたしはそこで初めて

「あ、そういう生き物なんだな」

と理解したのです。

 

 

そうです、そういう生き物なんですよ!

だから平然とあんな行動が出来る訳です。

 

「言われなきゃわからない」のです。

 

だから、その都度その都度、言っちゃいましょう!

 

イライラを溜め込む前に、その場で

一人で抱え込んでイライラしてしまうくらいならその場で言ってしまいましょう!

 

しかも、「かなり強い口調で」「はっきりと」です。

 

言われた側も「イラッ」とするような言い方を

「わざと」しましょう。

 

「ちょっと!ボサーっとしてないで着替え手伝ってやってよ」

「何してんの!お茶こぼしてるでしょ!テレビなんかに見入ってないで子ども見ててよ!」

など、その場で旦那に何でも言うようにしました。

 

 

そうすれば、わたしがイライラしていることを少しでも分かってくれます。

 

そうしているうちに、旦那さんも少しづつ変わってきます。

 

食事の時は、まず子どもに食べさせてあげたり

子どもの着替えを手伝ってあげたり。

 

それでも同じことを何度も言うハメになっていますが、

心で留めておくよりも、ずっと心は軽くなりました。

 

まとめ

 

旦那さんにストレスを抱えているママさん!一人でストレスを溜めこむ必要はないんですよ

もちろん、旦那さんも会社でのストレスもあるでしょうから、

愚痴も聞いてあげたりしてください。

 

夫婦は持ちつ持たれつで成り立っている部分が大きいので

お互いを思いやる気持ちを忘れずしましょう!

 

それでもやっぱり男という生き物は不器用なんだな、子どもなんだな、と

改めて思ったりもするのです。笑

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

-子育て
-,

Copyright© LifeStyleナビ , 2020 All Rights Reserved.