子育て

知らないと損する!イライラしない子育て5つの心得

投稿日:

 

 

子育てでお子さんにイライラしてしまう事ありませんか?

一度は必ず経験するんじゃないでしょうか。

  • 言う事を聞かなかったり
  • なかなか寝てくれない
  • ご飯が遅い

などなど。

 

言い出したらキリがないくらい多いはずです。

 

ではイライラしない育児方法はあるのでしょうか?

イライラせずに育児している方はどのような方法で育児をしているのでしょうか。

イライラは軽減されるのでしょうか?

 

こちらでは今回イライラしなくなるための心得や具体的に気をつけるべきことを5つ紹介していきます!

 

 

育児は待つ事

 

言う事を聞かないから怒るのではなく、気長に待ってみましょう。

 

小さい子供を持つ親によくあるのが周りの成長スピードを気にして

自分の子供の成長が遅いと感じると親の方が焦ってしまい

怒りがちになってしまう、というものです。

 

別に周りの子供の事を気にし過ぎなくていいんです。

あなたの子にはあなたの子の成長スピードがあるんです。

 

大人になると一歳差などをあまり差があるようには思いませんが

小さい子にとっての一歳は大人にとったらかなりの差だと思って下さい。

 

だから半年や一か月もの違いでも差があって当たり前なのです。

急激に成長している小さい子にとっては同じ年の子でも、出来る子出来ない子がいて当たり前です。

 

生まれた時の体重や発育、遺伝。また男の子や女の子でも違ってきます。

遅いのも個性と思いゆっくりと見守る事が大事です。

 

怒るばっかりで心の成長をおろそかにしないように、一番大事なのは心の成長です。

 

 

子供は鏡

 

わが子にイライラして、顔に出そうな時にでも思い出して下さい。

 

子供はよく見る相手の真似をして成長していきます。

言葉が喋れなくても怒られているのくらいは分かります。

 

子供の成長を願うならまず、自分がお手本という意識を忘れない事です。

わが子に短気になってほしいと思う親はいないはずです。

 

子供を怒りそうな時はまず鏡を見る癖をつけて下さい。

鏡で自分を見て落ち着いたら、子供にも落ち着いた気持ちで言い聞かせられるはずです。

 

 

押し付けるのではなく提案する

 

子供に『こうじゃなくてこう!』とか『それはダメ!』とか押し付けていませんか?

子供の想像力や思い入れはすさまじいので、

それを利用して子供に言ってあげると高い確率で聞いてくれます。

 

例えば

 

「プリキュアを好きな女の子のお漏らしがなかなか治らない時」、

「トレーニングパンツが取れない時」

などに、

プリキュアのパンツをはかせて『プリキュアが汚れちゃうよ?』とか、

『コレはプリキュアもはいてる魔法のパンツだから今日からちゃんと出来るようになるよ!』とか

 

言ってあげたりすると今まで散々怒って出来なかった事でもピタッとおさまったりします。

 

子供の思い入れはすさまじいので

逆に大事な物などを捨てたりすると心に深いキズをおったりもします。

 

子供の心を理解して色々な言い方を試してみて下さい。

 

出来るようになれば親のイライラなんかふっ飛んでしまいます。

何かが一つでも出来るようになるだけで感動してしまいますよね。

色んなやり方でイライラを喜びで消していきましょう。

 

 

一呼吸置く

 

イライラしたら子供から少し離れて落ち着くのを待って下さい。

イライラしたまま子供と接しても、いい事なんてありません。

 

最悪八つ当たりしてしまう事もあります。

 

トイレでもベランダでもどこでもいいんです。

一人になれる場所で、深呼吸して気持ちをリセットさせましょう。

 

 

笑い飛ばそう

 

真剣にとらえずにその状況から面白さを見つけ出しましょう。

過去に経験した楽しかった事や面白かった事などを思い出して

イライラの気持ちを落ち着かせましょう。

 

面白い要素を見つければ負の考えは消えてしまいます。

 

子供を叱っている時などに子供のふとした仕草に

笑いを我慢できなくて吹いた事ありませんか?

 

原理はそんな感じです。

 

そーゆー時は、もう、イライラは飛んでいっていませんか?

イライラして、言ってはいけない事を言ってしまうよりその方がずっといいですよ。

 

 

 

まとめ

 

育児に正解なんてありません。

同じように二人の子供を育てても同じような性格、成長はしないのです。

 

コレが当たり、このやり方は間違っているとは言えませんが

イライラするのは親にとっても子供にとってもいい結果は生まないでしょう。

 

可愛いわが子の成長を願うからこそ多少なりとも厳しくなってしまうものです。

しかし、いくら言う事を聞かなくたって、教えても出来なくたって

そんな理由でイライラをぶつけていい事にはなりません。

 

ぶつけても後悔してしまったり、落ち込んでしまったりで良いことなんて一つもありません。

 

子供も一人の人間である事を決して忘れないでください。

自分の子供だからなんて言い訳にもなりません。

 

子供の成長はもちろ日々の育児やストレスで大変な日々を過ごしていると思いますが

あっという間にそんな時期は過ぎて行ってしまいます。

 

今のこの時を大切に、一日一日を思い出に刻んでいきましょう。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

-子育て
-,

Copyright© LifeStyleナビ , 2020 All Rights Reserved.