常識・マナー

知らないと恥をかく!地域別で異なるお中元の時期とマナー

更新日:

みなさんはお中元のマナーはご存知ですか?

詳しくは分からないという人は、

お中元の基礎知識だけでも覚えて、

恥ずかしい思いをしないようにしましょう!!

一般的な、お中元を贈る時期

 

まず、お中元を贈る時期は、一般的には7月上旬から7月15日ごろです。

この時期を過ぎてしまったら、お中元ではなく、『暑中見舞い』として、

また、立秋の8月8日ごろを過ぎたら『残暑見舞い』として

贈り物をするのが基本的なマナーです。

 

もし、お中元を贈るのが遅れてしまった!という場合でも、

上記を押さえておけば心配はありません。

 

お中元の由来!

 

『お中元』の由来ですが、元々、中国の道教のひとつだったものが

日本に入ってきて、日本の『お盆』と結びつき、江戸時代の初期ごろ、

日頃の感謝の気持ちとしてお世話になっている方に贈り物を送るようになりました。

それが現在では一つの年中行事として、日本の風習になっています。

 

お中元を送る時期ですが、一般的には、『7月上旬から7月15日ごろまで』です。

なぜ7月15日ごろまでなのかというと、

古代の中国では旧暦の7月15日を『中元』といい、

神様に供え物をしてお祝いをすることなどから、

大体7月15日ごろまでとなっています。

 

時期は地域によって違いがある!

お中元の時期は一般的には大体7月15日ごろまでと言いましたが

しかし、お中元を送る時期は、地域によって多少異なりますので、

注意が必要です。

そこで地域別のお中元を贈る正しい時期をご説明します。

 

《北海道》

7月15日から8月15日ごろ。

一般的な時期です。

函館などは、お盆が7月に行われるので、

お盆の時期に合わせて、7月初旬から7月15日ごろまでに

お中元を贈るのがマナーです。

《北陸地方》

7月上旬から7月15日ごろ。

こちらも一般的な時期です。

ただ富山県や、能登地方は7月15日から8月15日ごろまでと、

北陸地方の中でも地域差があるので注意しましょう。

《関東・東北地方》

7月上旬から7月15日ごろ。

こちらも一般的な時期です。この時期はお中元の配送が集中して、

希望の着日に届かないなどの可能性があるので、

6月下旬ごろから贈り物を発送しておくと、

到着の遅れなどを防ぐことができるので、

多少早めに準備しておくのも良いでしょう。

《関西・東海・中国地方・四国》

7月下旬から8月15日ごろ。

関西方面は関東地方よりも、少し時期が遅めです。

関西方面では、この時期を過ぎてしまったら

『残暑見舞い』として贈り物をしましょう。

《九州地方》

8月上旬から8月15日ごろ。

他の地域よりも1ヶ月近く遅いです。こちらもお盆の時期に合わせて

お中元を贈るのがマナーです。

《沖縄》

※旧暦の7月15日ごろまで。

旧暦は年によって異なるため、時期が変動するので注意が必要です。

毎年、いつが旧暦の7月15日になるのか確認しましょう。

 

なんで地域によって時期が違うの?

なぜ日本だけでも、こんなに時期が違うのかは、

地域によって『お盆の時期』が異なるからです。

 

はじめにも、

中国の風習が日本のお盆と結びついたということをお話ししましたが、

お中元とお盆にはこうした密接な関係があるため、

地域によって時期が異なるのです。

 

ただ近年では、基本的な7月上旬から7月15日ごろまでに

お中元を贈る人も増えており、地域差は無くなりつつありますが、

基本を押さえておくと安心ですよ。

 

ただ、いつ頃贈ったらいいのか、

迷ってしまった場合は、一般的な時期、

『7月上旬から7月15日ごろまで』に贈り物をすれば、

間違いないでしょう。

 

のし紙の書き方マナー

お中元の贈り物に用いる『のし紙』は紅白と金色の5本又は7本の蝶結びに

熨斗が付いたデザインを用います。

御祝い用ののし紙です。

表面は、濃い色の筆ペンなどを使い、楷書で書きます。

水引中央結び目の上部分に御中元(少し大きめ)に書き、

名前は、水引中央結び目の下に、御中元の文字より、やや小さめにフルネームで

書きましょう。

3名以上の連名で書く場合は、代表者1人の名前を書き、

『他一同』と左斜め下に書きましょう。

社名を入れる場合でしたら右上にやや小さく社名を書き、

名前を書きましょう。

 

これで恥知らず!お中元マナーまとめ!

 

いかがでしたか?

御中元の時期は地域差がありますが、

それぞれの地域のお盆がいつなのかを把握すれば

何の問題もありません。

また、遅れてしまった場合は、『暑中見舞い』や『残暑見舞い』として、

贈り物をしましょう。

逆にお中元を頂いた場合は、お中元を返すのではなく、

『お礼状』を送りましょう。

以上を押さえておけば

お中元のマナーで恥をかくことはありません!

是非覚えてくださいね!

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: "ca-pub-8606958362283373",
enable_page_level_ads: true
});
</script>

-常識・マナー
-

Copyright© LifeStyleナビ , 2020 All Rights Reserved.